Beyond 5G時代に向けた戦略的な知財・標準化、事業化等促進支援プロジェクト支援タイプA
シーズ技術の事業化支援

事業概要

概要

最大5回程度の打合せを通じて、事業者のニーズに応じ、以下の(1)~(3)のいずれかの支援を行います。

(1)Beyond 5G技術の国際標準化戦略の策定支援

  • Beyond 5G技術の国際標準化を目指す事業者を対象とし、関連する技術の市場動向、国際標準化や関連する標準必須特許の状況を調査し、その実現可能性を精査
  • Beyond 5G技術について、標準化活動の対象となる国際標準化団体や想定される国際標準化の内容、必要となる標準必須特許のライセンス取得等を検討
  • 上記の調査・検討結果を踏まえ、各事業者において「国際標準化戦略」として整理する際に必要な支援を実施

(2)Beyond 5G技術を活用した事業化戦略の策定支援

  • 自らのBeyond 5G技術について、どのように技術を事業化し、事業拡大につなげるのかの成長戦略の検討を支援
  • 上記の検討結果を踏まえ、各事業者において「事業化戦略」として整理する際に必要な支援を実施
  • 事業化戦略を踏まえた知財や国際標準化の活用方策についての検討を支援

(3)Beyond 5G技術に係るマーケティング支援

  • 事業者が保有するBeyond 5G技術についてヒアリングを行った上で、当該技術に対しニーズを有する企業等とマッチングを行う
  • マッチング先の企業の候補と打ち合わせの場を設け、当該技術とニーズの整合性の確認や、技術の製品化等についての検討を支援
  • 必要に応じ、マッチング先の企業等と連携した実証事業の計画策定等を支援
  • マッチング先の企業のニーズやその後の製品化・販売等の方針を踏まえた知財や国際標準化の活用方策についての検討を支援

支援の実施に当たっては、事業者のニーズに応じて知財又は国際標準化の専門家から助言を行います。

採択団体数

5団体程度

スケジュール

公募受付期間

令和3年9月14日(火)15:00~令和3年10月4日(月)12:00

対象者決定

令和3年10月中旬

支援実施期間

採択後〜令和4年3月4日(金)

支援対象団体の申込

申込受付は終了しました。