Beyond 5G時代に向けた戦略的な知財・標準化、事業化等促進支援プロジェクト

総務省

更新履歴

『支援タイプC 標準化活動支援』の再公募の案内を追記しました。

『支援タイプB 実証・試作支援』及び『支援タイプC 標準化活動支援』の注文条件をアップロードしました。

プロジェクトの概要

  • 総務省では、「Beyond 5G推進戦略-6Gへのロードマップ 」に基づき、産学官の主要プレイヤーが参画し、戦略的に知財取得・標準化に取り組むことを目的として、令和2年12月18日に「Beyond 5G新経営戦略センター」を設立しました。本センターでは、知財・標準化を駆使した市場形成や新規参入、革新的な技術・サービスの開発や社会実装等を主体的・戦略的に推進しようとする民間企業・大学等の取組を促進するため、これらの取組への支援、参考情報の提供や協働する場の提供、普及啓発等を行うこととしています。
  • 本センターで行うべき取組や支援の検討に資するため令和3年2月から3月にかけて実施した知財・標準化に関連する活動への支援等に係る提案募集(総務省報道資料「Beyond 5G 新経営戦略センターにおける知財・標準化活動支援に係る提案募集」(令和3年2月5日))では、特に中小企業・大学等リソースが限られる事業者が保有する技術等について、戦略的な知財の取得や標準化のための活動強化に期待が寄せられたところです。また、IoTが一層進展し、多様な通信インフラを基盤に多様な産業でのサービス展開が期待される5G及びBeyond 5G時代においては、これまで標準化活動の中心であった大企業に加え、中小企業やOTTベンチャー、大学等といった新たなプレイヤーの標準化活動への参画、新たなフォーラムの組成、国際的な議論の場の形成等を促進することが、我が国の国際競争力強化に資するものと考えられます。
  • 上記を踏まえ、本センターの取組の一環として、事業者が保有する5G高度化及びBeyond 5Gに係る技術の戦略的な知財取得・国際標準化に向けた取組を支援し、それらの技術の実用化・社会実装を促進することを目的としてBeyond 5G時代に向けた戦略的な知財・標準化、事業化等促進支援プロジェクトを実施します。

Beyond 5G時代に向けた戦略的な知財・標準化、事業化等促進支援

本事業では、技術をシーズ段階、実証・試作段階、知財・標準化活動段階の3つのフェーズに分類した上で、それぞれのフェーズに応じて3つの支援メニューを用意し、Beyond 5Gに係る技術の戦略的な知財取得・標準化、事業化を支援します。

支援タイプA
シーズ技術の事業化
支援プロジェクト

最大5回程度の打合せを通じ、①~③のいずれかの支援を実施。
国際標準化戦略策定支援
Beyond 5G技術の国際標準化を目指す事業者を対象とし、国際標準化の実現可能性の精査、対象となる国際標準化団体や国際標準化の内容等の検討を支援
事業化戦略策定支援 Beyond 5G技術の事業化戦略の整理を支援 事業化戦略を踏まえた国際標準化等の活用方策についての検討を支援 マーケティング支援 事業者と、事業者が有するBeyond 5G技術にニーズを有する企業等のマッチング支援 マッチング先の企業のニーズや製品化・販売等の方針を踏まえた知的財産や国際標準化の活用方策についての検討を支援

採択団体数
5団体程度

申込受付期間
令和3年9月14日(火)15:00~
令和3年10月4日(月)12:00

再公募受付期間
なし

対象者決定
令和3年10月中旬

支援開始
採択後~令和4年3月4日(金)

詳細はこちら

支援タイプB
実証・試作支援プロジェクト

実証・試作についての請負契約を通じて最大500万円の資金を提供目指す標準化内容と実証内容とが合致しているかどうか確認し、必要に応じて実証内容等への助言事業者へのヒアリングを通じて、実証の計画書の詳細化を支援事業者がスムーズに実証等を進めるための進捗サポート

採択団体数
8団体程度

申込受付期間
令和3年9月14日(火)15:00~
令和3年10月4日(月)12:00

再公募受付期間
なし

対象者決定
令和3年10月中旬

支援開始
契約締結後~令和4年3月4日(金)

詳細はこちら

支援タイプC
標準化活動支援プロジェクト

以下のような知財・標準化活動についての請負契約を通じて最大200万円の資金を提供
国際標準化に向けたコンソーシアムやフォーラム標準化団体の組成に向けた活動国際標準化団体における新規ワーキンググループ等の組成に向けた活動知財・標準化対象となる技術に関する国際展示会等での出展やセミナー等の開催又はその準備①~③に付随して必要となる知財取得・国際標準化に向けた文書案や提案の具体化

採択団体数
5団体程度

申込受付期間
令和3年9月14日(火)15:00~
令和3年10月4日(月)12:00

再公募受付期間
令和3年10月18日(月)14:00~
令和3年11月1日(月)17:00

対象者決定
令和3年11月上旬

支援開始
契約締結後~令和4年3月4日(金)

詳細はこちら

本プロジェクトへの申込は、各支援メニューの詳細ページから行ってください。

支援対象として想定する技術

本プロジェクトにおいて支援対象として想定する技術は、次のとおりです。

1.5Gの特徴的機能の更なる高度化に係る技術

  1. ① 超高速・大容量通信に係る技術
  2. ② 超低遅延に係る技術
    ーエッジコンピューティング等
  3. ③ 超多数同時接続に係る技術

2.Beyond 5Gで新たに求められる機能に係る技術

  1. ① 自律性に係る技術
    ーAIによるネットワーク自動最適化等
  2. ② 拡張性に係る技術
    ー端末・基地局と衛星・HAPS(High Altitude Platform Station)等との接続、端末や窓等の基地局化、複数基地局同時接続等
  3. ③ 超安全・信頼性に係る技術
    ーAIによる脅威検出、高度な暗号化等
  4. ④ 超低消費電力に係る技術

3.Beyond 5Gと組み合わせて活用されるアプリケーション・ソリューション等に係る技術

  1. ① AIに係る技術
    ー画像認証・顔認証技術等
  2. ② AR・VR・MRやデジタルツインに係る技術
  3. ③ 高精細動画に係る技術
    ー8K等
  4. ④ IoTの高度化に係る技術
    ー重機やロボット等の遠隔操作に係る技術、自動運転・コネクテッドカーに係る技術、ウェアラブルデバイスに係る技術、スマートシティ・スマートハウス・スマートファクトリー等に関わるIoT・センシング技術 等
  5. ⑤ ①~④の他、Beyond 5Gと組み合わせることでより効果的な活用が見込まれる技術

公募説明会の開催

支援の内容や申込みの方法等について、オンラインで説明会を以下のとおり実施します。

開催日時

令和3年9月17日(金)15:00~16:00

開催方法

WebEx Event ※応募いただいた企業・団体等にURLを送付します。

申込み方法等

令和3年9月14日(火)15:00~令和3年9月16日(木)17:00の期間において申し込みを受け付けます。

※説明会当日の動画については、後日、公募期間が終了するまでの間、こちらのページにて公開します。
 また、質問への回答はお問い合わせページで書面にて公開します。